レントゲン調査 | エックス線検査 | X線検査 |

レントゲン検査ならTakao(タカオ)プランニングへ
レントゲン調査ならTakao(タカオ)プランニングへ

  コンクリートのレントゲン調査はお任せ下さい

  「お客様本位」で
 
 コツコツ頑張っています!
  お見積りは無料です

 

 ● TOPページ

 ● 耐震診断・建物調査
  コンクリート調査(検査・診断)

 コンクリート レントゲン調査

 外壁調査(赤外線調査)

 外壁の赤外線調査とは?

 赤外線調査の料金

 木造住宅の耐震診断

  アスベスト調査・分析

  会社概要

  主な業務実績

  代表挨拶

  お客様の声

  サイトマップ

 

 

 

   

   

      

     

Takaoプランニング(株)のホームページは移転しました。

下記をクリックして頂けますと新しいホームページにジャンプ致します。

外壁の赤外線調査や打診調査ならTakaoプランニング(株)へ

レントゲン調査(エックス線)・コンクリートコア抜き

コンクリート内部の鉄筋や埋設管の位置を調べるのには、一般的には鉄筋探査機(レーダー)での
調査方法がありますが、より確実な方法がレントゲンでの調査(検査・撮影)です。
レントゲン調査(エックス線・X線)の見積りをご希望のお客様はご遠慮なくお電話下さい。
机上見積りは無料です。

レントゲン調査(作業状況)
レントゲン機器の本体 コンクリートの壁に照射の位置きめをします レントゲン調査は半径5m以内は立入り禁止となります。
レントゲン本体部です コンクリートの壁での
レントゲンの撮影位置決め
レントゲン撮影(エックス線照射)
半径5m以内は 立入り禁止です
レントゲン撮影(エックス線照射)
スラブに向けて照射しました
レントゲンに写った鉄筋です
撮影ヶ所①
レントゲンに写った鉄筋です
撮影ヶ所②
コンクリートコア抜きを行いました コア抜きで採取したコンクリート・コア 2日間で18本のコンクリート・コアを採取しました
鉄筋を避けてのコア抜き 抜き取ったコンクリート・コア
耐震診断の為のコアで貫通はしませんでした。
コンクリートのコア抜き18本を
2日間かけて行いました。

コンクリートのレントゲン調査とコア抜きを終えて・・・  高雄

作業内容はコンクリートのコア抜き18本でした。当然の事ですが鉄筋や埋設管を絶対に切ってはならないという御依頼主の要望で、写真には写っていませんが、まずレーダーでの鉄筋探査を行い、あらかじめレントゲン調査において照射を行う位置を決めました。階段部分でのコア抜きもあったので、場所によっては脚立を利用してレントゲン照射部の高さ加減を行い、撮影を行いました。1分程は半径5m以内は立入り禁止となりますが、ビルの休館日に行いましたので、その点ではあまり神経を使わなくてすみました。コンクリートコア抜きを行った時にコンクリートがジャンカやひび割れが入っていると圧縮強度試験などが出来ないので、念の為に1本のコア抜き箇所につき2ヶ所でレントゲン撮影を行いました。またレントゲン調査の際にはレーダーによる鉄筋探査と違ってコンクリートの裏側に障害物があっては照射が出来ないので、位置決めに少し時間を使ってしまいます。そしてエックス線の照射での鉄筋の位置の確認も無事終了し、コンクリートのコア抜きに取り掛かりました。コアの直径はΦ100mmが基本ですが、鉄筋のピッチが細かい箇所もあったので、Φ75mmのコア抜きの箇所も出ました。上のコアの写真の一番手前の左がそのコアです。コア抜きは貫通を避けて途中折れが基本の業務でしたが、奥のモルタル面で綺麗に折れたものも含めて貫通する事無く全て綺麗にコア抜き作業も終了しました。コンクリートの復旧は無収縮のモルタルを埋め込み、ペイント塗装も無事に終了しました。大きなトラブルも無く今回の業務が出来たのも今回の作業に関わった7名のお陰です。みなさん有難うございました!


Copyright (C)2010 Takaoプランニング株式会社(大阪・東京),All right reserved
外壁調査・赤外線調査 | コンクリート調査 | 耐震診断| Takaoプランニング
     このホームページは著作物存在の事実証明を発行しております。弊社ホームページのタイトル、説明文、

     写真及び文章等を無断で引用・転用された場合、著作権の侵害で法的手段の行使を取らせて頂きます。

     2011年7月1日 Takaoプランニング株式会社 高雄龍太郎